駐車場
を探す

虫眼鏡アイコン

お気軽に
ご相談

電話アイコン
LINEアイコン
メールアイコン

パブリシティー

2024.7.10

New

【中小企業家同友会】第56回定時総会in宮城 第3分科会で講演しました!

藤岡代表、第56回中小企業家同友会全国協議会で経営指針の重要性を熱く語る!

2024年7月4日(木)~5日(金)、宮城県仙台市にて開催された中小企業家同友会全国協議会主催の「第56回定時総会in宮城」に、弊社代表取締役社長 藤岡義己が出席し、経営指針の継続実践による企業体質強化と経営姿勢の確立について講演を行いました。

藤岡は、第3分科会にて「経営指針の継続実践で強い企業づくりと経営姿勢の確立」をテーマに登壇し、「今日の活動と理念の一体感への挑戦」と題し、自社の経営理念を基盤とした取り組みを余すところなく披露しました。

講演では、阪神淡路大震災を契機とした業態転換や行政施策の取り込みなど、ESPが歩んできた変革の軌跡を詳細に紹介。さらに、経営指針の策定から発表会、売上減少という苦難を乗り越え、社員一人ひとりの成長を促す仕組みづくりに至るまでの具体的なプロセスを、参加者と共に振り返りました。

特に、ESPが掲げる「人が集まり、育つ会社」の実現に向けた取り組みは、多くの共感を呼びました。就業規則や評価制度、能力開発制度といった制度改革に加え、理事・正副代表理事によるブラッシュアップの実施など、理念を体現するための実践的な活動が紹介されました。

講演後のグループ討論では、「経営理念は自社で実践されていますか?」「同友会は学びの場として機能していますか?」というテーマのもと、活発な意見交換が行われました。藤岡は、自社の経験を踏まえながら、参加者からの質問に丁寧に答え、経営指針の重要性を改めて訴えました。

今回の講演を通して、藤岡は、経営指針の継続実践が企業の成長と持続的な発展に不可欠であることを力強く示しました。ESPの取り組みは、中小企業経営者にとって羅針盤となる示唆に富んだ内容であり、多くの参加者から高い評価を受けました。

↓↓当イベントのチラシはこちら↓↓

電話番号

電話からのお問い合せTEL078-362-2512

電話